ルーレット、ブラックジャック、シックボー

オンラインのカジノではバカラ以外にも魅力的なゲームがたくさんあります。
カジノの女王ルーレット、ブラックジャック、ポーカー。シックボーなどは初めて耳にする人もいるかもしれません。せっかくのカジノですから、バカラ以外のカジノのテーブルゲームと簡単なルールを紹介します。

ルーレット

ルーレット

カジノの華といわれるルーレット。ルーレットと聞けばカジノを思い浮かべる人は多いと思います。ルーレットはフランスが発祥地でルーレットの起源は、天才数学者かつ哲学者のブレーズ・パスカルが確率計算式を行う際に使用した表の図案だと云われています。基本は簡単なものの、ベットの方法も様々なため、初心者には敷居が高く感じる人もいるでしょうが、オンラインだと相手の顔も見えませんし、安心してプレイできますね。

ベットの方法には何通りかありますが、一番簡単なのは赤か黒を選ぶもので配当は2倍です。同様のものに奇数か偶数かまたは数字の半分から上か下かを選ぶというものがあり、これらの勝つ確率は約50%です。ルーレットには昔から色々な攻略法が考えられてきており、この一番簡単な選択のみでコツコツと賭けていけばかなりの確率で勝つことができそうな攻略法もあります。

トップ3オンラインカジノ

ブラックジャック

ブラックジャック

ブラックジャックは、トランプを使用するテーブルゲームです。カジノで行われるカードゲームではバカラと並び人気です。手持ちのカードの数字の合計が 「21」 を超えない範囲で 「21」 に近い方が勝ちです。カードの合計点数が21点を超えないように、プレーヤーがディーラーより高い点数を得ると勝ちになります。 ブラックジャックは、プレーヤーとディーラーとの1対1の対戦形式で勝敗が決めることができます。

オンラインカジノにおいては、個人の裁量が入るゲームはブラックジャックとポーカーのみです。勝敗を左右するのは運と賭け方のコントロールともいえます。

個人の裁量とはいえ、ゲームルールに基づくため、ある程度の基本戦略は確立されています。その基本戦略を実践しながら賭け方を采配して、 カジノ側が勝つ確率(ハウスエッジ)を大きく縮小していくことが勝利への道です。

トップ3オンラインカジノ

あまりなじみのない名前のゲーム? 「シックボー」は日本の時代劇?!

シックボー

「シックボー」とは別名「タイサイ」または「大小」と呼ばれていて、カードを使わない数少ないカジノのテーブルゲームです。ディーラーが出す数をプレーヤーが当てるという意味では、ルーレットに近いともいえますが、シックボーではホイールではなく、ダイス(サイコロ)を使います。このサイコロを使う点が、歴史的にサイコロを使うゲームや賭博が行われていたアジア圏においては、特に親しまれているゲームです。

トップ3オンラインカジノ

シックボーのルール

シックボーのルールは、「1個~3個のサイコロの出目を予想」(サイコロの出目の合計ではないです)です。とてもシンプルですね。

ゲームで不正がないように、使用するダイスはあらかじめ容器に密封されています。これで手で触わったり、ダイスをいかさまダイスに入れ替えたりなどの不正が出来ないようになっています。さらに、ダイスが入った容器自体もダイスがシャッフルされてから賭けが成立するまでカバーで覆われていて見ることができません。カジノのゲームでは機械によってシャッフルされ、勝負を見るカバーはかかったままで、中身の数字は誰も分からないようになっています。

時代劇好きの勘の鋭い方は予想がついたかと思いますが、シックボーは

  • サイコロを使う
  • 出目を予想する
  • 容器内でサイコロをシャッフルする

というところが、時代劇などの1シーンとしてよく見かける「丁半」に近いゲームです。
トップ3オンラインカジノ