「キノ」遊び方は宝くじのLOTOと一緒、運試しにもってこい

キノ

「キノ」日本人なら誰でも知っている遊び方のゲーム

「キノ」というカジノゲームをご存知でしょうか。あまり聞かない名前かもしれませんが、このゲームもしかしたら日本人には最も馴染みの深いゲームかもしれません。なぜならこの「キノ」のプレーの仕方がほとんど宝くじかLOTOだからです。1から80までの間で10個以内の数字を選ぶのがキノは、好きな数字を選ぶ「ロト6」や「ロト7」とほぼ同じ遊び方です。

「キノ」の歴史

「キノ」の歴史

ルールとキノ専用機

キノの基本的なルールは、1から80までの番号から、任意の番号を1〜20個の範囲であらかじめ選びます。番号の選択が終わると、ゲームの主催者がランダムに20個の当選番号を選び、自分が選んだ番号のなかに、いくつ当選番号が入っているかを競うゲームです。

現在では数字の抽選には、キノ・グース(Keno Goose)という抽選機が使われ、1から80番まで番号がついた球をキノ・グースの透明な球形部分に入れ、空気圧で攪拌してキノ・グースの上部にある出口より当選番号の球を受け取るという方式がよく使われています。またボールが入ったカゴを回転させるタイプのものもあります。

キノのプレー方法

キノに参加するには、リアルカジノではキノ・ラウンジとよばれる専用エリアにて、備え付けのプレー申込み用紙に予想する数字をマークし、賭け金を添えて申込みます。また、カジノ内のレストランのテーブルなどにこのキノの申込み用紙が準備されている場合もあります。あとは抽選が始まるのを待つだけです。カジノのではビデオキノというゲームマシーンででもプレーできます。

オンラインカジノでのキノのプレー方法もほぼリアルカジノと同じです。宝くじでは1枚いくらと金額が決まっていますが、キノでは1回のゲームでかける金額(ベット額)が選べます。最低額と最高額はテーブルでリミットが決まっていますが、ベット額は最低では1ドル未満からプレーできます。しかしベット額をあまりにも下げてしまうと、当選したときにも配当額が低くなってしまうので、ご自分の好みと獲得したい金額のバランスでかけ金額を決めましょう。1回のベット額を決めたら、LOTOと同様に予想する数字を選びます。ほとんどの場合数字は1から80までの数字で、最高10個まで予想が可能です。

抽選では20個の当選番号が選ばれ、自分の選んだ数字の中に当選番号が、配当賞金獲得の条件に達していると配当がもらえます。

予想する数字が多ければ多いほど、当選する確率は上がりますが、配当の金額が低くなり、一定以上の数字が当たらないと配当がもらえない仕組みになっています。

攻略法

「キノ」攻略法

キノは一般的にカジノゲームの中では、還元率の低いゲームといわれています。払い戻し率が平均で70%ほど。ルーレットなどの払い戻し率が95%といわれているので、どちらかというと勝ちにくいゲームといえます。とはいえ、一般的な宝くじの払い戻し率は50%なので、宝くじと比較すると割のいいゲームといえます。どのカジノでもキノはメインゲームというよりは、カジノゲームの途中での休憩時や食事時のお楽しみとしてプレーされる場合が多いです。

結論

日本人にも馴染みがあり、親しみやすいゲームのキノ。宝くじと同じく高額賞金も狙えます。宝くじとは違い当選番号の結果はその場ですぐにわかります。カジノのメインゲームとはなりませんが、ちょっとした息抜きに違うゲームをしてみたいときにはおすすめです。

トップ3オンラインカジノ