バカラ必勝法、バカラの勝ち方、バカラの攻略法

カジノの王様バカラを制する必勝法とは

バカラカジノゲーム1

カジノの王様とよばれるバカラは優雅なセレブたちのゲームとして始まり、今ではアジアで一番人気のカジノゲームとなっています。単純なゲームでありながら大金が動くこともめずらしくないこのゲーム、世界中のどのカジノでも人気のあるバカラですが、アジアでは最も人気のあるカジノゲームとなっています。自分自身で戦略を組み立てていくというよりは、あくまでも予想に重きを置いたゲームです。

さて、以上で書いたようにバカラは単純なゲームですのほぼ1/2の確率で勝敗が決まりますがペ確立的には、胴元が勝つ確立がわずかですが高いです(どの賭け事も胴元が勝つ確立が高いです)。

それでも、確立は確立、あなたが勝つための方法を考えてみましょう。

バカラが生まれてから今日まで、数かぎりない人々がこのストラテジーを考えてきました。

この中でいくつかの必勝法をご紹介します。

バカラ 基本の勝つためのストラテジー

ミニバカラで大衆化

まずは、基本中の基本のストラテジーは

必ず「バンカー」か「プレイヤー」に賭け、絶対に「タイ(引き分け)」には賭けない、ということです。

ハウスエッジを考えると簡単に説明できます。

ハウスエッジは日本語だと控除率とも呼ばれていて、要はカジノ側の取り分のことです。

基本的にどんなギャンブルでも、主催側は取り分があります。ハウスエッジが低いほど賭け側に有利です。ちなみにハウスエッジが日本で一番高いのは宝くじで55%、パチンコが50%前後です。インターネットカジノの魅力的な点の一つとして、基本的にこのハウスエッジが低いことが挙げられます。さてオンラインカジノのバカラのハウスエッジは基本的なルールだと「バンカー1.01%」「プレイヤー1.29%」「タイ15.75%」となっています。この数字をみてもわかるとおり、一般的にはバンカーに賭けるのがもっとも有利となっています。

ちなみにプレイヤーよりもバンカーに賭ける方がハウスエッジが小さいため
理論的にはバンカーに賭ける方が僅かに有利となりますが、差が微小なため実際にプレイする際は気にするほどのものではありません。しかし、どちらかに迷った時にBANKERに賭けることは確率的に有利な選択です。

トップ3オンラインバカラ

その2 マーチンゲール法

マーチンゲール法古くから伝わる有名なギャンブルの賭け方です。この方法は簡単に言うと、勝つまで倍賭けし続けるというもので、必勝法とまで言われています。特に負けているときに、有効な方法だといわれています。

もっと見る

勝率が1/2のゲームを想定します。最初に1ドル賭けます。勝てば1ドルを得ますね。負ければ次の賭けでは倍の2ドル賭けます。2ドルの時点で勝てば4ドル、今までの掛け金は1+2=3ドル賭けたので、やはり1ドルを得ます(ここで1回目の負けはリカバーされています)。負ければ次にさらに倍の4ドル賭けます。今までの掛け金1+2+4=7ドルに対して次のリターンは8ドル。このようにして、勝つまで続ければ、必ず1ドル勝てるという方法です。

数学的に計算すると

掛け金の合計2n-1(ドル)、勝ったときに得るものが2n(ドル)で

2n-1 -2n =1 で常に1ドル多いことになります。

ですので勝つまで続け、1回でも勝てば、勝ち逃げで勝負を終わります。

そうすることで少なくても1は勝つことができるというものです。

この必勝法にも注意が必要です。というのも一度の勝ちで全ての損失額を取り戻せると言っても、この方法は負けるごとに繰り返し倍賭けしていくため、連敗が続いてしまうと賭け金が一気に膨れ上がります。賭け金が膨れ上がると、各テーブルに設定されているテーブルリミットに到達してしまい、それ以上倍賭けをすることができなくなってしまいます。

それに負けが込んだときの投入する金額が大きくなりすぎて、かなり心臓に悪いです。

トップ3オンラインバカラ

その3 ココモ法

ココモ法

ココモ法は、ゲームに勝つまで前回と前々回の賭け金を合計した金額を賭けていく方法です。この攻略法では負ければ負けるほど、勝った時の利益が大きくなっていきます。ゲームに負けてしまった場合に勝ちに転じたいような場合有利だといわれています。ちなみにココモ法では2倍(1:2)以上の配当がある場合に有効な方法です。

最初に1ドル賭けます。勝てば1ドルを得ますね。負ければ次の賭けではまた1ドル賭けます。負ければ次は直前に賭けた額と、その前に賭けた額を合計した額(ここでは2ドル)を賭けます。

回数 10
掛け金 $1 $ 1 $ 2 $ 3 $ 5 $ 8 $13 $21 $34 $55
利益 $3 $1 $2 $2 $ 3 $ 4 $ 6 $ 9 $14 $21

この表をみていただければわかるとおもいますが、ココモ法では負けが込んでいるときほどリカバーできる額が大きくなります。

さて、ご紹介した2つのストラテジーですが、注意が1点あります。

どちらの方法も負けが込んだときに、最後の勝負で勝つと損失が取り戻せるのですが

連敗数が多くなってしまうと、掛け金が跳ね上がってしまいます。ときにはその金額がテーブルリミット(そのテーブルで賭けれる最高金額)にひっかかってしまい、それ以上賭けを続けることができなくなってしまうことです。

いずれにせよ、バカラの勝つための攻略法はいくつかの方法を組み合わせることをお勧めします。

トップ3オンラインバカラ

単純だが確実!バカラの究極戦略は確率から計算する!バカラの攻略法1
バカラの攻略法その2 攻めに有効な攻略法と負け時に有効な攻略法