ブラックジャックーカジノで一番勝ちやすいゲーム

プレーヤーに有利なゲーム「ブラックジャック」

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックの起源は16世紀後半のヨーロッパの家庭で行われていたゲームが起源というのが諸説です。

一例でいうと、フランスの21(ヴァンテ・アン vingt et un)、30 – 40(トラント・カラント trente-quarante)、スペインの30 – 40(トラント・カラント trente-quarante),イタリアの7つ半、イギリスのボントゥーンなどがブラックジャックの元となったゲームといわれています。

これらのゲームは最初に配れられたカードがスペードのAとJなので、ブラックジャックと呼ばれるようになりました。その後ルールが少しづつ変わり、スペードのAJからスペードにかぎらず、絵柄であるA、10、J、Q、Kとなりました。19世紀に入り、ブラックジャックはアメリカなどでもプレーされるようになります。

ブラックジャックのルール

1960年代にコンピューターによるカードカウンティングというブラックジャックの必勝法が発見されると、ブラックジャックの爆発的なブームがアメリカから始まり世界中に普及し今にいたります。
トップ3オンラインカジノ

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール2

ブラックジャックの基本的なルールは5枚の持ち手が21に近ければ近いほど勝ちというもので、普通はディーラーとプレーヤーで競います。また手が21を超えた場合をバーストと呼び、その時点で負けです。ブラックジャックでは絵札はすべて10と計算し、Aは1または11で、それは引いた時点で選択できます。Aが手にある場合、ソフトハンドといいます。最初に配られた2枚のカードの合計が21だった場合は、「ブラックジャック」とよばれる役で配当金は1.5倍です。プレーヤーとディーラーが同時にブラックジャックだった場合、引き分けになり配当は1倍です。ブラックジャック以外の手で買った場合でも配当は1倍です。

ブラックジャックには種類がいくつかあり、ポンツーン、ブラックジャックサレンダー、ブラックジャックスイッチ、スパニッシュブラックジャック、パーフェクトブラックジャック、ダブルエクスポージャーブラックジャックなどは基本ルールとは少し違う変則ルールが適応されています。

ブラックシャックの攻略法

ブラックシャックの攻略法

ブラックジャックはペイアウト率が101%にもなることがあるというカジノゲームのなかで、数少ないプレーヤーが勝ちやすいゲームです。

ブラックジャックの必勝法は化学的に確率論で証明されています。この証明は有名で、数学の確率論の研究でも使われているほどです。出版されたこの研究のなかで有名なものの一つに MITの数学者エド・ソープ著の「Beat the Dealer]があります。エド・ソープは数学理論をカジノゲームに適用したことで有名で、のちに彼のこの数学理論は株式マーケットへの投資にも適応できることを証明しました。

ソープが産み出した必勝法は、「ベーシックストラテジー」と「カードカウンティング」というものです。

ブラックシャックの攻略法2

ここでは詳しくは説明しませんが、上の表のようなベーシックストラテジーとカードカウンティングを用いてプレーすると、時間がかかるかもしれませんが、多くの人が勝利を得ています。
慣れるまでには攻略法のプレー方法を表などをみてプレーして慣れることをお勧めします。
トップ3オンラインカジノ