「ポーカー」カジノゲームのなかで数少ないプレーヤーの実力で勝てるゲーム

ポーカーとは

ポーカーとは

ポーカー(poker)は、トランプを使って行うゲームの一つで、5枚の手札の組み合わせによる役の強さを競うゲームです。駆け引きも勝負の重要な要素となる、心理戦を特徴とするゲームです。
世界中でプレーされているポーカーは種類が多種多様で、多くのポーカーゲームがあり、ルールや賭け方も多様です。

ポーカーの歴史

ポーカーの歴史

世界三大カードゲームの一つ、ポーカー。現在のポーカーは1830年頃アメリカで発展したと言われています。ポーカーの起源には諸説があり、実のところどれが起源なのかあまりはっきりしていません。ポーカーの起源としては

  1. 中東ペルシャのゲームアース・ナース (ās nās)を起源とする説
  2. ドイツのポッヘン(pochen、「ノックする」の意)というゲームが元になっているといわれる、フランスのポーク (poque)というゲームという説
  3. ルネッサンス時代にプレーされていたゲームのプリメロ (primero)とフランスのブルラン(brelan)という説。

または、これらのゲームが全て今日のポーカーに影響しているという説もあります。

いずれが起源にせよ、ポーカーは1830年前後に、アメリカのニューオリンズからミシシッピー川周辺でプレーされた記録が残っており、現在でも主にアメリカを中心にプレーされています。

ポーカーの種類

ポーカーの種類

多くの種類のあるポーカーゲームですが、大きく分けると次の3つの種類となります。

  1. クローズド・ポーカー
  2. スタッド・ポーカー
  3. フロップ・ポーカー

1.クローズド・ポーカーは一番古い形のポーカーです。日本でプレーされるポーカーのほとんどはこのタイプです。プレー方法は、各プレーヤーは自分の手札を隠したままプレーをします。カードが配られるとまず一度ベットします。その後カードを交換します。カード交換後、再度ベッドをし、最後に全員が各自の手札を開けて勝敗を決めます。

2.スタッド・ポーカーは別名オープン・ポーカーともいいます。プレー方法は、はじめに各プレーヤーに手札が裏向けで配られます(枚数はポーカーの種類により変化する)。プレーヤーは他のプレーヤーに見られないように、自分の手札を見ます。次に各プレーヤーにカードを1枚づつ、表向きに配られます。この時点で一度ベットします。そして、その後同様に、カードを1枚づつ、持ち札が5枚になるまで表向きにカードが配られ、カードが配布されるごとにベットをしていきます。最後のベットが終わると全員の裏向きのカードを開け、勝敗を決めます。

3.フロップ・ポーカーは一番新しいタイプのポーカーです。フロップポーカーがユニークな点は、テーブルの中央にフロップと呼ばれる表向きのカードが置かれることです。このフロップカードは、全てのプレーヤーの共通の手札となります。プレーヤーは裏向きに配られた手札とフロップのカードを組み合わせて勝負します。
大きく分けて3つのタイプのポーカーが主流ですが、上の3タイプの、どの種類にも属さないポーカーの種類もあります。

オンラインカジノで人気のポーカーの種類

オンラインカジノで人気のポーカーの種類

オンラインカジノでもポーカーは人気ゲームの一つです。オンラインカジノでプレーされる代表的なポーカーの種類と簡単にゲームを紹介してみましょう。

ビデオポーカー・・・マシンを相手に一人でプレーするポーカー

ドローポーカー・・・5枚の手札で役を作り競います。1回のみカードの交換が可能です。日本ではこのポーカーが主流です。
カリビアン・スタッドポーカー・・・プレーヤーとディーラーが最初の配られた5枚のカードで競います。カード交換はできません。

テキサスホールデムポーカー・・・通常2から10人でプレーします。テーブルにコミュニティカードという、ゲーム参加者全員が自分の手として使える共通のカードがあるのが他のポーカーとは違います。プレーヤーは最初に配られた2枚の伏せられたカードと5枚のコミュニティカードの合計7枚から、5枚のカードを選択し、その組み合わせで勝敗を競います。

レッドイットライド・・・プレーヤーに配られた伏札3枚と、テーブルにある共通の2枚のコミュニティーカードとの合計5枚のカードで、10のペア以上の手ができれば勝ちとなります。手のランクによって、1倍から1000倍の配当があります。
3カードポーカー・・・カード3枚のみでプレーするポーカー

ポーカーの基本ルール

ポーカーの基本ルール

 

ポーカーは手札5枚で、役の強さで勝敗を決めます。
ポーカーの基本中の基本、共通の役をまずは覚えましょう。

■ロイヤル・ストレート・フラッシュ(royal straight flush)
同じ絵柄で10、J、Q、K、A

■ストレート・フラッシュstraightflush
同じ絵柄で5連続のカード

■フォーカード(フォー・オブ・ア・カインド)four card
同じ数字を4つ

■フルハウス Full house
同じ数を3枚と、同じ数を2枚

■フラッシュflush
全て同じ絵柄
■ストレート straight
絵柄はばらばらで5連続のカード

■スリーカード(スリー・オブ・ア・カインド)
同じ数を3枚
threeofakind

■ツーペアtwo pair
同じ数を2枚×2

■ワンペア one pair
同じ数を2枚

ポーカーの攻略法

ポーカーの攻略法

ポーカーは古くからあるゲームですので、攻略法は昔から何百通も考えられてきています。またポーカーは心理的な駆け引きが必要なゲームですので、攻略法以外にもシーンに応じて心理的な駆け引きがゲームの流れを変える側面もあります。

ここでは、すぐに使える簡単なポーカーの攻略法・コツを一部ご紹介します。

まずは

■ カリビアン・スタッド・ポーカーは基本的に「ワンペアができていれば続行」しましょう。またどの役もできていない場合、「A」、「K」、「Q」の3枚が入っていれば続行する方が有利な場合が多いです。

■ レットイットライド

  1. 1.最初の手札3枚が以下の条件ならば続行しましょう。
    条件:
    ✓ マークが3枚とも同じ。
    ✓ ストレートが作れそうで、かつ10以上のカードを含んでいる。
    ✓ 10のワンペア以上の役ができている(ワンペア、ツーベア、スリーカードなど)。
  2. 2.手札4枚目が以下の条件ならば続行、それ以外ならばチップを取り下げましょう。
    条件:
    ✓ マークが4枚とも同じ。
    ✓ 10のワンペア以上の役ができている場合(ワンペア、ツーペア、スリーカード、フォーカード等)。
    ✓ ストレートができそうな4枚。ただし数字が連続している場合のみ。
    ※ 「A」、「K」、「Q」、「J」の組合せの場合は続行またはチップ取り下げのどちらでも良い。

■ ビデオポーカークラッシック

基本ビデオポーカーは払い戻し金額が賭け最高額(Max bet)だと、賞金の倍率が同じ役で買ったとすると3倍以上になりますので、Max betでプレーすることをおすすめします。
自分の手札をキープするかしないかは以下の条件で判断するのが有利です。
以下の条件に当てはまらない場合は5枚とも交換がおすすめです。

キープする条件:

✓ フルハウス以上が揃っている(4枚キープ)
✓ あと1枚でロイヤルフラッシュ(4枚キープ)
✓ スリーカード、ストレート、フラッシュが揃っている (スリーカードは3枚、他は5枚キープ)
✓ あと1枚でストレートフラッシュ(4枚キープ)
✓ ツーペア(4枚キープ)
✓ J以上のワンペア(2枚キープ)
✓ あと2枚でロイヤル・フラッシュ(3枚キープ)
✓ あと1枚でフラッシュ(4枚キープ)
✓ 10以下のワンペア(2枚キープ)
✓ あと1枚でストレート。数字が連続している場合のみ。(4枚キープ)
✓ 同じマークでJ以上のカード(2~3枚キープ)
✓ あと2枚でストレートフラッシュ(3枚キープ)
✓ 違うマークの2枚の11以上のカード(2枚キープ)
✓ 同じマークで10とJ、または10とQ、10とK(2枚キープ)
✓ 1枚のJ以上のカード(1枚キープ)

基本的なコツですが有効ですよ。

結論

ポーカーはカジノゲームのなかでも、対戦型のポーカーはちょっと特別です。
それは他のゲームが「カジノVSプレーヤー」なのに対し、「プレーヤーVSプレーヤー」になり、各プレーヤーの個々の力量や実力が勝負に大幅に関わってくるからです。世界にはプロポーカープレーヤーも存在します。それだけ、ポーカーは奥の深く、探求できるゲームといえるでしょう。カジノゲームのなかで、運だけでなく実力で勝負できるゲーム、それがポーカーゲームです。実力が上がれば勝つ回数も増えます。どんどんゲームをして実力をあげていきましょう。

トップ3オンラインカジノ