ルールと流れについて

バカラルール説明

バカラのルールは非常に簡単です。使うものはトランプだけで、左右のどちらが9に近いかというのを予想するだけのゲームです。小学生でも理解できる内容なので、ギャンブルが出来る年齢に達している人であればすぐに理解できます。トランプは一枚だけひくのではなく、最初に左右それぞれ2枚ずつひきます。その後の進行状況によってもう1枚のカードが追加されるので、最大で3枚のカードの数字を足すことになります。ここで一つの疑問が生まれます。3枚の数字を足したら9を超えてしまう確率がかなり高いです。10を超えた場合は10の位を無視して1の位だけで勝負します。9の場合はそのまま9で、15は5となり、21は1になります。

カジノの王様として君臨

バカラはカジノの王様と呼ばれていて、世界中で親しまれているゲームです。特にアジアでは絶大な人気を誇っていて、マカオではバカラだけで数億円の現金が動くこともあると言われています。バカラは富裕層に好まれる傾向があります。それはなぜか、答えは手持ちのお金が簡単に倍以上になるからです。一回の勝負でお金が倍以上になるので、予算が多ければ多いほど買ったときの金額は高額になります。富裕層の人は一回で数百万円以上賭けるのは当たり前のことなので、一気にお金を増やすことができるバカラを好む傾向にあります。たくさんのお金が動くので、ゲーム自体に見ごたえがありますし、チップが大量に動くので迫力もあります。

バカラは勝負師のゲーム

バカラ攻略法・必勝法

バカラは駆け引きが無い分、運がもっとも大きな比重を占めます。自分の直感に自信がある人しかチャレンジしないので、勝負師のゲームとも呼ばれています。スポーツ選手などは常にリスクを背負って戦っているので、バカラのようなスリリングなゲームのことを好きな人が多いです。一般的な人よりも勝負に対して真剣になりやすいという特徴もあります。勝負の世界で生きている分、賭け事になると自分の運を試す意味でも大勝負に出ることが多いです。バカラには戦術やテクニックなどは存在しないです。信用できるのは自分の直感のみで、後は流れを読むしかないです。流れが自分に来ていると感じたら、一気に勝負に出るのもありです。

バカラはカジノにあるゲームの中でも最もスリリングなゲームであり、カジノの王様として君臨しています。大勝負が出来るというところから、勝負師のゲームと呼ばれることも多く、数多くの勝負師達の運試しに使われています。